新規開拓アウトソーシング専門の環境ビジネス総合事務所

新規開拓をアウトソーシングすることにより、日々の営業活動が格段にスムーズに!

‘営業代行に依頼する費用’

営業代行に依頼する費用はいくらが適切か?

2015-01-11

営業代行に依頼しようと考えた場合、
どこまで予算をかけるのが適切でしょうか?

あくまで概算の数値ですが、
参考までに知っておくと損はありません。

■顧客1件で1年間得られる利益

まず、営業にかかっているコストを計算する必要があります。

仮に、1件新規のお客さんが出来た場合、
月額2万円の利益があるとすれば、年間24万円。

この金額が、大体の目安になります。

この金額に設定しておけば、
2年目以降は利益が積み上がっていく計算になります。

ですので、まず依頼をする前に、
1件獲得した際の利益を把握していなければ、
なかなか予算を立てる事が難しくなります。

後は年間目標件数を設定すれば、凡その年間予算が立てられます。
仮に年間5件の新規顧客獲得を目標にするのであれば、
5件×24万=120万

ただ、実際は、新規見込先が増えると、
その分営業活動にかかる費用も増えますので、
もっとシビアな数値(7掛けくらい)で試算しておいた方が良いと思います。

ちなみに弊社の料金体系は、以下のページで参照できます。
参考:新規開拓メニュー・料金

案件ごとにより費用単価が違いますが、
年間100万の予算があれば、100件以上の見込先提供が出来ます。
反響総数で言えば、500件以上の反響案件があると思います。

100件以上の見込先企業があれば、
きっと貴社サービスを必要とされている企業に 5件以上、出会えると思いませんか?