新規開拓アウトソーシング専門の環境ビジネス総合事務所

新規開拓をアウトソーシングすることにより、日々の営業活動が格段にスムーズに!

阪神淡路大震災から20年…

2015-01-16

あれからもう20年も経つんですね。
時の流れを感じずにはいられません。

 

当時、高校2年生だった私は、兵庫県の宝塚市という所に住んでいました。

震度は7だったと思います。

地鳴りと共に目が覚め、
遠くからゴォォーッという音と共に、バリバリバリッと音がしたかと思うと、
気づいたらベットから落ちていました。

初め何が起こったのか全くわからずに、
ただ、茫然としていると、2階から親が降りてきて、
「すごい地震やったな」
と言われて、初めて地震だという事に気が付いたのを覚えています。

 

強烈に印象に残っているのは3点あります。

一点目は、外に出ると異様にガス臭かった事。
どこかでガス管が破裂していたのだと思います。

二点目は、しばらく体が常に揺れているような感覚に襲われました。

余震の頻度も高いので、
横になると常に揺れているような感覚に陥り、
全く熟睡できない日がしばらく続いていたように記憶しています。

恐怖心もあったと思います。

最後は火事の恐ろしさです。
約1割の方が火災で亡くなられています。

テレビでもずっと報道されていましたので、
よく記憶に残っています。

 

あれから20年経って、
今では神戸に住まわれている方の約4割が「震災を体験していない」そうです。

時代も進んでいるんだなと、改めて実感させられました。

もう2度とあの経験はしたくありませんが、
災害はいつどこで起こるかわかりません。

この日が毎年来るたびに、家族で当時の事を話し、
防災意識をもって万が一に備えるのが、自分なりのせめてもの教訓です。