新規開拓アウトソーシング専門の環境ビジネス総合事務所

新規開拓をアウトソーシングすることにより、日々の営業活動が格段にスムーズに!

0円新規営業の方法(Eメール新規開拓)

2014-12-29

ここでは、
いかに費用をかけずに新規開拓を行うかの具体的な方法について書いていきます。

人脈なし、お金なし、人前で話すのが苦手の状態の私が、
自身でも行っていたことですので、
「営業が苦手…」
「新規開拓にストレスを感じている…」
皆さんの今後の参考になればと思います。

Eメール新規開拓以外の方法は、
飛び込み営業、テレアポ、FAXDM、郵送DMを参照してください。

 

■Eメール新規開拓に至るまで

色々な営業手段を試してきましたが、
最も自分に合う方法が「Eメール新規開拓」です。

元々は、自身の営業にEメールを活用し始めた事から始まります。

独立当初、数件のクライアントは居ましたが、
まだまだ経営が安定するような数ではなく、
1件でも多くクライアントを見つけなければいけない状況でした。

ただ、広告にかける予算も大してありません。
まずはテレアポからスタートしましたが、
全く持って成果は上がりませんでした。

「やみくもにTELするのでなく、相手先がどういう会社か把握してから電話しよう」
そう考え、企業のHPを見てからTELするようになりました。

少しずつ長い時間話が出来たり、担当者まで繋がる状況にはなりましたが、
一向にテレアポのストレスから解消される事は無い状況が続いていました。

そうこうしている内に、ある程度の件数をこなしていくと、
「あれ?ここって電話したかな?」
と、どこに営業したのかもわからない状況が出てきました。

「営業先をリスト化しておこう」
こう思い、会社名、業種、住所、URL、TEL/FAXと同時に、
HP上で告知されているメールアドレスも合わせて収集し始めました。

大体1日50件程のリストを、毎日、少しずつ集め始めました。
これが約6年前です。

 

■Eメールで初めての営業

1ヵ月程経過した頃、数は忘れましたが、
担当者に繋がらなかったリストが数百件程あったと思います。

ここにダメもとでメールを配信し始めました。

当時は、一斉送信の方法すら知りませんでしたので、
1件ずつ個別に配信しました。

「とりあえず挨拶に伺わせて下さい」
と、ほぼ期待をせずに配信しました。

ところが、すぐに1件、2件…と、
「挨拶だけなら良いですよ」
と返信がありました。

正直、驚きました。

「メールでもアポが取れる」
という事に、少なからず衝撃を受けたのをよく覚えています。

これにより、自身のアポは、
一斉にメールに切り替えていきました。

ちなみに、この時1件目に反響を頂いた方とは、
今もお付き合いがあります。

私とほぼ同年代で、今ではプライベートでも非常に仲良くさせて頂いております。
いずれどこかでこの方の話ができればと思います。

 

■Eメールによる新規開拓支援サービスの開始

自身での営業を進めていく上で、
新規開拓は全てメールに切り替えていきました。

当時は、ISO関係の仕事がメインでしたので、
そのアポ取りを全てメールで行っていました。

文字通り、「0円で新規開拓」を実践していました。

というよりも、恥ずかしながら、
そうせざるを得なかった資金的状況というのもありました。

順調にアポが継続的に取れている事に、
自身でも驚きながら日々活動していましたが、ここでふと思います。

「同じように、新規開拓で苦労している企業は、世の中に数多くいるのでは?」
と。

「課題があるからニーズがある」

きっと、需要はあるはずと、
最初のメールで自身がアポを取り出してから約半年後に、
自身の提案メニューに、

「Eメールによる新規開拓支援」

を加え始めました。

 

自身の顧客開拓方法として、
メールを活用しているのは、この時から今現在も同様で、
ほぼこの方法のみで、新規見込先開拓から受注までこなしています。

みなさんもコツコツ1件ずつ集めて、配信ができれば、
0円で新規開拓する事は可能です。

(ただ人件費は必ずかかってきますので、経費上は0円ではないです。
どこかに依頼する金額という点では、0円で可能です。)

かなり手間と労力はかかりますので、
相当な覚悟が必要にはなりますが、
当時の私は、
「時間はあるが、資金がない」
というような状況でしたので、可能だったと思います。

もし、何かわからないことがあればお気軽にご相談頂ければ幸いです。