新規開拓アウトソーシング専門の環境ビジネス総合事務所

新規開拓をアウトソーシングすることにより、日々の営業活動が格段にスムーズに!

記録を取る事の重要性

2015-04-21

日々、活動していると、毎日いろんな出来事があります。
仕事をしていれば、必ず何らかの作業や出来事があるはずです。
それらを記録すると結構あとから見直す時に役立つことが多いです。

弊社で言えば、数値で取っている記録も多々あります。
何時間働いて、何件新規に収集して、何件配信して、何件反響があって、何件見込の返信があって…

自分は、人より優れている点は殆どない、ただの凡人だと思っていますが、
1つだけ人に誇れるものがあるとすれば、
この記録をメールDMを開始してから今まで全て記録に取っている事かなと思います。

記録を取ると色々と見えてくるものがあります。

「いつの時期配信すると良い結果が出やすいのか?」
「どの業界が反響が良いのか?」
「どういう文章にすると見てもらいやすいのか?」
などなど、数え上げればきりがありません。

これらのデータを上手く活用していく事が効果的な新規開拓に近づく第一歩だと思います。

メールDMは2年目から営業を開始しました。
日付は平成21年5月12日です。
最初のお客さんは平成21年5月21日に契約を頂いた福島県の会社です。

メールで営業を行い、申し込みを頂いた時には、
本当に嬉しかった記憶が今でも残っています。

残念ながら、3.11の原発の影響で避難地域に指定され、
事務所移転を余儀なくされ、現在は支援を行っておりませんが、
今でも年賀状のやり取りは継続させて頂いている非常に思い入れのあるお客様です。

それから今日で2,171日目です。

5,000日、10,000日と継続する事ができるよう、
1日1日を大切に活動していきたいと思います。

2,172日目以降も、
いつか見直した時に、良い記憶に残る1日が少しでも増えるよう頑張っていきたいと思います。