新規開拓アウトソーシング専門の環境ビジネス総合事務所

新規開拓をアウトソーシングすることにより、日々の営業活動が格段にスムーズに!

こんな企業からご依頼を受けています

2015-03-23

弊社にご依頼を頂く企業は、導入実績・導入事例にも記載していますが、
多くは従業員数が比較的少なく、日々の業務に追われ、
なかなか新規開拓に時間と手間をかけられない企業からの依頼多いです。

特に最近依頼が多いのは、税理士事務所、社労士事務所からのご依頼です。
環境系では、省エネ装置販売会社やコンサル会社からのご依頼を数多く受けています。

その多くの企業が代表自ら営業に行かれる企業です。

 

代表自ら営業に行かれる企業にとって、
新規開拓業務をアウトソーシングするメリットは非常に大きなものがあります。

まず、過去の事例から積み上げてきた効率的な営業手法に関するノウハウを
アウトソーシング会社は蓄積していますので、効果的な新規開拓を実践する事ができます。
自社でリスト作成から行うのに比べ、圧倒的にスピードが違います。

さらに、人件費で考えれば、自社で営業マンを雇用、育成するよりも、
はるかに低価格で実践する事ができます。

また、代表自ら営業に行く企業の最も大きな課題として、
代表自身は営業以外の膨大な作業も日々こなしていかなければいけません。

弊社もそうです。
なので、代表自ら営業に行く大変さは、私自身、良く理解しています。
いくら事務員を雇用するようになっても、
私自身、営業以外の仕事を山ほどこなす必要があります。

そんな企業にとって、業務の一部をアウトソーシングする事は、
非常にメリットが大きいものがあります。

代表自ら営業に行く必要がある企業で、代表自身がいつも暇な企業があれば、
それは別の意味で問題があると思います。

 

ただ、1点営業アウトソーシングを利用する際に気をつける点があります。

それは、全ての新規開拓営業の作業を依頼する場合、
自社に契約までのノウハウが全く蓄積できないという点です。

企業にとって、契約に関するノウハウを蓄積する事は非常に重要です。
「市場のニーズはどこにあるのか?」
「なぜ、契約してくれたのか、出来なかったのか?」
これらの情報は、現場でしか得られません。
新規開拓営業を行っていく過程でこそ見えるものです。

どんな契約で依頼にするにしても、営業過程が見えるように、
依頼企業へ積極的に関与しながらアウトソーシング会社に依頼する事を、
強くオススメ致します。